読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

旅行にもSFC修行にも 旅作クアラルンプール(プレミアムエコノミー)が安い

f:id:issy-style:20170415224612p:plain
ホテルとANA航空券のパッケージ商品、「旅作」。このセールが4月24日まで実施されています。この中で、8月以降のクアラルンプールがなかなかお得なのでご紹介したいと思います。

ANA旅作とは

ANA旅作とは、ANAセールスという子会社が発売する、航空券+ホテルがセットになった旅行商品です。もちろんSFC修行以外でも使え、ときどき行うセールを活用すれば、お買い得な価格でANAが就航している都市への滞在が可能となっています。

一般的に航空券とホテルをそれぞれ手配するのに比べ、以下のようなメリット・デメリットがあります

  • メリット
    • 別々に手配する場合に比べて総じて安い、ときにバグ的な運賃が散見される
    • 30日前(一部40日前)までキャンセル料がかからない
  • デメリット
    • 最安値のホテルはお勧めできないホテルになっている場合がある
    • 最低2泊する行程である必要
    • ビジネスクラスのマイル積算率は70%、エコノミーは30%のものもある

メリットは何よりも安さですね。グループ会社として、空席に連動してセールを打ちやすいですし。ときどき、価格設定間違えたんじゃね?というような運賃設定もありますし、バグではなく公式で異常な値段で販売されている場合があります。

有名なのは2016年4月に、7月以降のシンガポール行きビジネスクラスの運賃でバグがあり、私も勢いで購入しました。
issy-style.hatenablog.com

このほかにも、大阪発香港、羽田発バンクーバー等、さまざまな格安運賃が登場しました。

また、旅行商品なので、パックツアーなどとキャンセルの条件が同じです。すなわち、30日前(繁忙期は40日前)までキャンセル料は無料というのが大きいです。なので、気になる商品があればとりあえず予約してしまうという方法もとれます。これは大きい。

もちろんデメリットもあります。まず、ホテルを最安値で検索する場合、JTBなどでは扱わないようなホテルが設定されている場合があります。具体的にはシンガポールなんですが、いわゆる売春エリアのホテルが設定されていました。安さにつられず、ホテルはしっかり確認してから予約しましょう。

また、旅作の特徴として、必ずホテルに2泊以上する日程しか確保できません。1泊で帰国するスケジュールなどは組めませんので注意が必要です。

最後に、SFC修行で利用する場合、気になるマイルの積算率が一般的な航空券より低い場合があります。ビジネスクラスの場合、普通に購入すると125%のものが多いですが、旅作のビジネスクラスは換算率が70%です。また、エコノミークラスの場合、場合によっては30%のものもあります。せっかく安くてもPPを稼ぐことができなければ意味がありません。ツアーの表示画面で獲得マイル数がでますから、必ず確認しましょう。

とはいえ、これは上級会員の取得を目指している人だけの問題であって、旅行でお出掛けの場合は安いに越したことはありませんよね。

スポンサーリンク


プレミアムエコノミー利用 クアラルンプール行きの旅作が安い

今回のセールで気になったのはクアラルンプール行のプレミアムエコノミーです。2017年8月から、羽田クアラルンプール線にプレミアムエコノミーが導入されることが決定しています。そして、今回の旅作セールでも、クアラルンプールへのプレミアムエコノミーツアーが対象となっています。

f:id:issy-style:20170205124601p:plain

プレミアムエコノミーとは、エコノミーとビジネスの中間的な位置付けになっています。座席もビジネスクラスには敵いませんが、このようにゆとりある作りになっています。

このほか、プレミアムエコノミー利用のメリットは以下の通りです。

  • プレミアムエコノミー専用レーンのチェックインカウンターがある。
  • ANA loungeが利用可能(海外発は指定ラウンジ)
  • 機内食のデザートがビジネスクラスと同じもの
  • 預け荷物の返しが、一般客よりも先に出してもらえる(ビジネスクラス、上級会員の後すぐ)

なぜプレミアムエコノミーをSFC修行に推すのかというと、ANAの場合、プレミアムエコノミーの搭乗クラスが100%換算のものしかないからです*1。つまり、正規料金で乗っても、格安料金で乗っても、プレミアムエコノミーの場合、獲得できるマイルやPPは同じなのです。

f:id:issy-style:20170415225727p:plain
例えば8月4日発、8月7日着、1人参加で103,900円となっています。実際はここに空港諸税が追加されるので、108,400円となります。獲得可能なプレミアムポイントが10,814ですから、PP単価は10.0となります。ホテルつきで10.0ですから悪くはないと思います。

滞在ホテルはイビス・スタイルズ・フレイザー・ビジネスパークとなっており、大手ホテルチェーンACCORグループのホテルです。まぁ、いってしまえば普通のビジネスホテルです。少しクアラルンプールの中心部のKLCCやセントラル駅からは離れていますが、鉄道で20分程度で中心部に出れる距離です。
www.tripadvisor.jp

f:id:issy-style:20170415230827p:plain
ちなみに、出発地を沖縄にすると、料金は119,400円、獲得PPは14,750PPになるので、PP単価は8.1になります。ただし、往復沖縄をつけると、修行が5日間になってしまいます。そこで4日で完了させるため、行きのみ沖縄をつけるということも可能です。その場合は獲得PPが12,782、単価は9.1となります。

クアラルンプールってなにがあるの?

f:id:issy-style:20160810181650j:plain
市内はとても近代的です。バンコクにイメージは近いですが、バンコクほど雑多ではなく、ゆとりあるまちづくりになっています。

マッサージなども安く、食事も様々な文化が混じりあっていて飽きません。

KLそのものの観光資源はペトロナスツインタワーなどしかないので多くありませんが、郊外にはピンクのモスクがあったり、高速バスを使って世界遺産のマラッカまで三時間もあればいくことができます。

あ、あとゲンティンハイランドという高原には、マレーシア唯一のカジノもあります。シンガポールのセントーサを開拓したデンティングループが運営しています。

まとめ

旅作を利用した、クアラルンプール行プレミアムエコノミーが比較的お得な料金になっています。どうしても海外修行を行う場合、シンガポールシドニーに流れてしまいますが、クアラルンプール線にプレミアムエコノミー付き機材が充当されることにより、新たな渡航先の候補となりうるのではないでしょうか。いつもシンガポールじゃ飽きちゃいますしね。

スポンサーリンク


*1:JALはツアー時50%になります