読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

俺とシドニーSFC修行2 マリオットシドニーでベストレート保証にアタックして成功しました

f:id:issy-style:20170205173006j:plain
2017年にSFC修行でシドニーに行くことに決めた私。修行とはいえ、現地で1泊する必要があったため、ホテルを探していました。私はSPGアメックスというクレジットカードを所有しているため、SPGとマリオットの上級会員資格を有しているので、これらのホテルの中から、今回は選ぼうと思っています。

その中で、シドニーマリオットのベストレート保証というものにアタックして成功しましたので、そのときの概要をご紹介したいと思います。

マリオットの「最低価格保証」って?

人生に保証されているものはそう多くはありません。 当社のLook No Further® ベストレート保証は、その中でも最も確かな保証の一つです。 マリオットで直接ご予約になれば、当社がいつでも最もお得な料金を保証いたします。

ご利用方法:
マリオットの予約ルートのいずれか(Marriott.co.jp、マリオット・ホテル予約電話番号、またはホテルに直接ご連絡)を通してお部屋をご予約ください。
ご予約後24時間以内に、同じホテル、部屋タイプ、予約日程のご予約でより低い料金を見つけた場合、条件を満たす保証フォームをお送りいただくと、より安い料金からさらに25%割引の客室料金を提供いたします。

ベストレート保証(マリオット公式サイト)

世界有数のホテルチェーンであるマリオットホテル。日本でもマリオットのほか、リッツカールトン、コートヤードホテル等、様々なブランドで展開しています。

このマリオットホテルには、「ベストレート保証」という制度があります。これは、「他のサイトで公式サイトより安い宿泊料金をみつけたら、その料金からさらに25%割り引きますよ」というものです。例えばエクスペディアやHotel.com、楽天トラベルのようなサイトと比較して、公式ホテルの方が高い場合、申請することによって適用してもらうことができるのです。

エクスペディアの場合、JCBカードなどを使えばさらに8%オフにすることもできますし、ホテル販売サイトなどの場合、ポイントも貯めることができます。けれども、こちらは「安いサイトのほうから25%オフ」です。そうなると、もはや8%オフや10%分のポイント獲得より、よっぽどのことがない限り*125%引きの方がお得ですね

対象外の料金タイプもあるのですが、基本的には「お得意様価格」だったりするものなので、あまり気にする必要はありません。これら以外の、「普通の人が、誰でも買える値段」であれば、最低価格を保証してくれるとのことです。すばらしいですね。

シドニーのマリオットの予約時に、HISのほうが安いことに気づいた

f:id:issy-style:20170205173120j:plain
今回、2017年5月にシドニー滞在を予定していたので、シドニーにある、「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー」の料金を除いてみました。このホテル、シドニー中心部のサーキュラー・キーの近くにある利便性抜群のホテルであります。

f:id:issy-style:20170205170741p:plain

公式サイトで滞在日の値段をみると、シティビューゲストルームが安くても367ドル、キャンセル無料の場合408ドルになっています。2017年2月現在、1オーストラリアドルは85円ですので、ざっと計算して、367ドルは30,940円、408ドルであれば34,680円です。

f:id:issy-style:20170205171809p:plain
一方、HISだと、同じ日のデラックスシティビューの部屋が27,090円となっています。2/28までの期間限定の料金ではありますが、誰でも利用できる料金であることには間違いありません。こちらも4日前までならキャンセル料は無料です。

HISの方が明らかに安いので、ベストレート保証が使えるかもしれません。もし、ベストレートに成功すれば、20,790×0.75=20,297円で泊まることができることになります。

とりあえず、失敗したらホテルをキャンセルすればいいので、408ドルのキャンセル無料の部屋を予約したあと、ベストレート保証に突撃してみたいと思います。

スポンサーリンク


最低価格保証に申し込んでみた

マリオットの申請ガイドラインには、以下の記述があります。

「比較料金」を見つけた場合は、マリオットの予約ルートを通じてのご予約から24時間以内にリクエストフォームに入力し送信してください。 対象となるのは、同一滞在予定日における、同一ホテルの同一部屋タイプに対する料金です。 また、キャンセルポリシー、事前購入に関するポリシー、ならびに料金に関するその他の規約が、すべて同一であることも必要です。 さらに、比較料金をご到着日当日に見つけた場合は、迅速に処理するために、リクエストフォームはその日のホテル現地時間の午後10時00分までに提出する必要があります。

ということなので、ベストレートを申請する際は、まずマリオット公式サイトで予約をする必要があります。さらにそこから24時間以内に申請をしなければなりません。24時間という時間は決して長くはないですね。

なので、使い方としては以下の流れになるのかなーと思います。

  1. マリオットに泊まりたいと思う
  2. マリオットの価格チェック
  3. 他のサイトでより安いものがないか確認
  4. マリオットで予約
  5. 3でもし安いサイトを見つけた場合は、速やかにベストレート申請

私は3までは終わっていますので、マリオットの公式サイトで、キャンセル料408ドルのホテルの予約をしました。

f:id:issy-style:20170207110303p:plain
ちなみになんですが、マリオットの予約では、クレジットカード5大ブランドのうち、AMEXのみ使えないんです。試しにアメックスのカードで打ってみたんですが、見事にはじかれました。SPGアメックスカードが使えないのは痛い…。

f:id:issy-style:20170207105910p:plain
そのあとにフォームに必要事項を記入して申請します。

「より安価な料金に対して」の「見つけた場所」には、一番上の「マリオット公式以外のインターネットサイトで」にチェックを入れると、その下のテーブルが有効になりますから、そこに該当ページのURLを入れれば大丈夫です。

必要事項を記入して送信を押すと、以下の自動配信メールが届きます。ほう、24時間以内の回答とは大きく出たね。

Thank You - japan
Marriott's Look No Further Best Rate Guarantee にご申告いただき、ありがとうございました。ご申告の結果は、 24時間以内にご連絡いたします。

その他、何かご質問がございましたら、電子メールにて  LookNoFurther@Marriott.com までお寄せください。

結果は…

申請してから14時間後、翌日の朝8時にマリオットからメールが来ました。さすが外資、仕事が早いですね。

その時のメールはこんな感じでした。

Thank you for giving me the opportunity to review your claim for Marriott's Look No Further(SM) Best Rate Guarantee. I am denying your claim because I cannot find the same rate you submitted on your comparison site and I cannot verify it.

え、見つけられなかったって?

これは困る。こまりんぼ。ということで、マリオットの日本支店に電話をしてみました。

ただ、コールセンターのお姉さん曰く、「ベストレートは完全に本社対応なので、こちらではどうしようもない」とのことです。うーむ、お姉さんつれない…。ということで、英語で本社に、「日本語サイトしかないこと」「URLの貼り方があまりよくなかったのかもしれないので再度送るから、こちらでもう一度見てね」というメールを書きました。

メール書くのにかかった時間は言いません(笑)本当に英語力がほしいです…。

そしたら、翌朝またメールが来ました。メールを抜粋するとこんな感じです。

I have approved the claim you submitted for Marriott's Look No Further(SM) Best Rate Guarantee!

I modified your reservation to reflect the following rate:
Rate: $235.70 AUD

よしきたー!

f:id:issy-style:20170207111448p:plain
ベストレート保証が成功し、HISの料金から約25%引きの、235.70オーストラリアドルで泊まれることになりました。1ドル85円で計算すると、およそ2万円になります。もともと公式サイトで予約した段階では408ドルでしたから、そこから考えれば(408-235.7)/408*100=42.3%引きということになります。ベストレート保証、破壊力満点ですね。

うまくいかない場合もあります

コメントをいただいた「陸マイラーのせかいのたび」管理人のkulipaさん(id:kulipa)が、同じマリオットでうまくいかなかった例を記事にしてくれましたので共有します。
www.kulipa3.com

ま、私もちょびリッチを経由していない分はポイントもらい漏れなんですけどね…。

まとめ

マリオットのベストレート保証は本当にベストレートを保証してくれました。もともと408ドルだった部屋が235.7ドルですから、40%以上も割引してもらったことになります。また、今回実際に挑戦してみて分かったこともありました。

  • マリオットのベストレート保証はHISも対応
  • 日本支店はノータッチ(本社対応)
  • なので対応は完全に英語

直前までキャンセル可能な予約になっていますので、この予約はとりあえずキープしつつ、SPGのスターポイントを使ってウエスティンシドニーに泊まるのとどちらにするか、しばらく考えたいと思います。

最後に、ベストレート保証に関するマリオットのFAQを貼っておきます。
www.marriott.co.jp
スポンサーリンク


*1:kaligoなどのマイレージが爆発的に貯まるサイトの場合はそちらの方がお得かもしれません