旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

2017年駆け込みJGC修行向き?JTA創立50周年記念ウルトラ先得運賃が発表されたので考察してみました

f:id:issy-style:20170121235118j:plain
2017年8月22日に、JALのグループ会社であるJTAがしれっとJTA創立50周年記念ウルトラ先得」運賃の設定を発表しました。5月に引き続きJGC修行に非常に魅力的な運賃形態でしたのでご紹介します。

秋以降に達成しようとする駆け込みJGC修行僧の方や、JGCまでは達成したけど、もう少し頑張ってJGPを目指してしまおうかなと企んでいる人、検討するにはもってこいです。

JGCとは?という方は、こちらの記事をご覧ください

issy-style.hatenablog.com

今年はJTA創立50周年記念です

f:id:issy-style:20170121235405j:plain

JALのグループ会社である日本トランスオーシャン航空JTA)は、今年創立50周年になりました。1967年、もともと沖縄離島路線を運航していた琉球航空に、沖縄の本土復帰が近づいていたことなどもありJALが出資する形で南西航空を設立し、沖縄の離島路線を運航したことが始まりとされています。

現在は、沖縄離島路線のうちジェット機ボーイング737)で運航する路線と、羽田・成田・伊丹~那覇以外の本土線を受け持っています。ちなみに離島路線のうち、プロペラ機を使用する路線はRAC琉球エアコミューター)が運航しています。沖縄にいったことがある方は、那覇の空港でジンベエザメジェットをみたことがあるかもしれません。あれを運航しているのもJTAです。

運賃の概要

さっそく、「JTA創立50周年記念ウルトラ先得」の概要をみてみましょう。

(1)対象期間 : 2017年12月5日(火)~12月21日(木)ご搭乗分
(2)対 象 便 : JTA運航便
(3)適用条件 : 「ウルトラ先得」の適用条件に準じます。
(4)発売日 : 2017年8月27日 11:00~(クリスタル以上) 14:00~(ステータスなしかつJALカード保有者)

今回の「JTA創立50周年記念ウルトラ先得」の対象期間は、12月の5日から21日までと、年末休暇前のハイシーズン前までとなっています。ちょっと期間が短いのが残念です。2016年には、クリスマス時期に回数修行をこなした方も当ブログで取り上げたことがありますが、この運賃はクリスマス休暇には終わってしまっています。

発売日は、10月末以降の先得系運賃の発売と同時なので、8月27日の日曜日です。すでにクリスタルまで達成している人は11時から、まだの方は14時からとなります。

獲得可能なFOPですが、条件が「ウルトラ先得」に準じるということなので、マイルの積算率は75%、400FOPのボーナスはなしなど、スーパー先得などと同じと考えてもらえば大丈夫です。具体的に貯まるFOPは、区間マイルの1.5倍になります。

f:id:issy-style:20170823234606p:plain
こちらが肝心の運賃になります。ここに出ているのは主な路線のみで、実際は他の路線にも設定されています。軒並み、時間帯によっては1万円を切る運賃が設定されており、なかなか魅力的なものとなっていますね。

スポンサーリンク


FOP派の方は、羽田~宮古便が単価5台と非常にお得

まずはFOP組向けの案件を紹介します。5万FOPまでもう少し足りない人、5万は達成したけれど、他でもJALに乗る用事があり、あわよくば8万FOPでJALグローバルクラブプレミアを検討している人向けです。今回発表された運賃のうち、「日帰り可能」かつ「往復とも1万円以下の運賃」の条件を満たすのが、以下の2路線になります。

  • 羽田~宮古(羽田6:40発→宮古10:00着/20:00発→22:25着)
  • 関西~石垣(関空9:45発→石垣12:35着/20:05発→22:10着)

どちらも現地で8~10時間の滞在時間があるため、簡単な観光も可能ですね。

「あれ、羽田~石垣や中部・関空那覇は本数あるし、日帰り可能なのでは?」と思うかもしれませんが、これらの路線は一部の便のみが安くなっているため、往復とも安い運賃でいくには現地で宿泊が必要なダイヤになっています。そのため、まずは日帰り可能な2路線の獲得FOPとFOP単価をみてみましょう。

路線 運賃 獲得FOP FOP単価
羽田~宮古 9,500 1,738 5.5
関西~石垣 9,500 1,454 6.5

どちらの路線も、FOP単価という面では素晴らしい数値が出ました。特に羽田~宮古線は5.5と、極めて低いFOP単価です。

沖縄で1泊必要になってしまうという面はありますが、これ以外の路線でも、非常にFOP単価の面から優れた路線があります。以下に紹介しましょう。

路線 運賃 獲得FOP FOP単価
羽田~石垣 9,500 1,836 5.2
小松~那覇 8,500 1,310 6.5
関西~那覇 7,500 1,108 6.8
中部~那覇 8,500 1,214 7.0

羽田~石垣がFOP単価5.2という、とんでもない値がでてしまいました…。現地1泊が必須ですが、海外発券等をしない限りなかなかお目にかかれない単価ですね。

その他、小松・関西・中部から那覇に向かう路線もFOP単価7を切ってきます。このあたりも十分にお得でしょう。沖縄でせっかくなので1日楽しむのもいかがでしょうか。

回数修行組には沖縄離島路線もお勧め

最近の回数修行といえば、福岡~宮崎線があまりにも有名で流行っています。ただ、11月・12月の福岡=宮崎線のウルトラ先特は、5,600円~6,500円程度で設定されました。特に宮崎発の土曜は、ほとんど6,500円になっていますね…。一時期より少し高いような気もします。

一方、JTA創立50周年記念ウルトラ先得運賃は、那覇宮古線が4,200円~5,900円、那覇=石垣線が4,900円~7,200円で設定されました。宮古路線は相変わらずお得ですね。これでも、昔沖縄=石垣でスカイマークと競合していたころに比べると高くなっている気がします。

沖縄までがちょっと遠いのがネックになるかもしれませんが、土日かけて回数修行を行う場合、那覇の宿は福岡の宿に比べて安いこと、また12月はイベント等で福岡の宿が取りにくい(特に12/8-10は嵐のライブがヤフオクドームであるため非常に宿の確保が困難)ことを考えれば、12月の駆け込み修行は沖縄離島路線を使うことも選択肢に入ると思います。修行先への交通費も、東京=福岡でも東京=沖縄でも、そこまで運賃が変わりませんしね。

50回まであと少し、80回、120回まであと少し。だけど宮崎路線は飽きたよ…なんて方は沖縄の海を眺めながら修行するのはいかがでしょうか。

まとめ

JTA50周年のキャンペーン運賃、なかなか修行に使えそうです。特に羽田~宮古便は、日帰り可能でFOP単価が5.5と、コスト重視のJGC修行を考えている方であれば、利用価値のある路線になると思います。その他、単価7を切る路線が続出しています。ちょっとFOPが足りない場合などに利用するにはもってこいです。

申し込みは8月27日(日)14時からになります。利用する方は早めに抑えることをお勧めします。
スポンサーリンク