旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

JALが2017年冬ダイヤからロンドン線とバンコク線を増便します

f:id:issy-style:20170712231552j:plain

2017年10月からの冬ダイヤから、JALは羽田~ロンドンと成田~バンコクの増便を行うことになりました。すでに発表されている成田~コナ、メルボルンに続く、国際線の強化です。旺盛なビジネス需要のある路線を強化してきましたので、簡単に触れておこうと思います。

羽田~ロンドンの増便

羽田~ロンドン線は、もともと昼間時間帯に以下のダイヤで運行していました。

便名 運航日 機材 出発時刻 到着時刻
JL043 毎日 777-300(SS7) 東京(羽田)11:30発 ロンドン15:10着
JL044 毎日 777-300(SS7) ロンドン 19:00発 東京(羽田)15:55(翌日)着

羽田を昼前に出てロンドンに午後に到着、ロンドンを夜に出発し、羽田に夕方に到着する便です。

今回、羽田空港の深夜早朝枠を活用して、以下のダイヤで増便運航されることになりました。

便名 運航日 機材 出発時刻 到着時刻
JL041 毎日 787-8(SS8) 東京(羽田)02:45発 ロンドン06:25着
JL042 毎日 787-8(SS8) ロンドン 09:30発 東京(羽田)06:25(翌日)着

まずびっくりしたのは、ヒースロー空港の発着枠をどう確保したのか」です。ロンドンのヒースロー空港は、世界最混雑空港であり、発着枠が全然ない上に、民間での高値の売買が行われています。ヒースロー空港のヌシであるブリティッシュとのコードシェアとはいえ、よく新たな枠を確保できたなーというのが正直な感想です。まあ確保したのがこの時間だったので、必然的に羽田に深夜2時発になったのでしょうが。

f:id:issy-style:20170712225400p:plain

今回増便するダイヤは、羽田空港を深夜の2時に出発して、朝の6時にロンドンに到着するというスケジュールです。正直この時間はびっくりしました。朝ロンドンに到着するので、すぐに観光やビジネスにもいけます。ヨーロッパ各地にもお昼頃には到着できるでしょう。一方、帰りは朝の9時に出発し、翌朝に羽田に到着します。このまま出社できちゃいますね。つまり、この便って社畜御用達便ですよね(苦笑)

機材は、SS化したボーイング787-8が充当されます。JALボーイング787-8は、SS化していない機材としている機材があり、かなり快適度に差があるのですが、今回は快適な機材になっていますね。

f:id:issy-style:20170712230027p:plain
具体的にですが、エコノミークラスは、新感覚エコノミークラスの機材です。やはり足元が広いのは助かりますね。(ボーイング787には、昔の少し狭い機材のものもあります)

f:id:issy-style:20170712230019p:plain
ビジネスクラスは、フルフラットシートになっています。深夜便ですから、フルフラットには越したことがないですね。(ボーイング787には、フルフラットではないビジネスクラスのシートの機材もあります)

サクララウンジを開放するようです。

f:id:issy-style:20170712231747j:plain
このJL041便を利用する場合、上級会員資格のないエコノミークラスの乗客も、サクララウンジが利用できるとのことです。食事を済ませ、機内では速やかに寝る体制が可能になります。機内サービスも1食削られる(到着前の朝食のみ)になるのでしょう。

なお、この場合のサクララウンジの利用は、以下の制限があるようです。

  • ラウンジの受け付け開始時間は23時半以降を予定しています。
  • サクララウンジ5階のご利用となり、一部のサービスがそのほかのラウンジと異なります。
  • シャワールームはご利用いただけません。

サクララウンジの5階は、ダイニングエリアのないフロアになります。ただし、JALのプレスリリースでは、「全てのお客様に軽食を提供」と書かれていますので、5階でも4階とはメニューをわけて提供するのでしょう。

また、ラウンジが使えるといっても、上級会員でないエコノミークラス利用の場合、深夜便でシャワーが使えないことは要注意ですね。ここは、平和島の温泉施設と、羽田空港までのバスでカバーするようです。

羽田空港にはシャワーを浴びることができるカードラウンジもあります。

issy-style.hatenablog.com

マイルキャンペーンもあります。

f:id:issy-style:20170712232446p:plain

この羽田~ロンドン便(JL041、JL042便)を利用した場合、特別マイルのキャンペーンが2018年の1月まで行われるようです。なお、本キャンペーンはJALホームページでの登録が必要になります。

  • ビジネスクラス:片道につき5,000マイル
  • プレミアムエコノミークラス、エコノミークラス:片道3,000マイル

なお、対応ブッキングクラスはSまでとなっていましたので、エコノミークラスでも、期間限定のセール運賃を除けば対象となります。

スポンサーリンク

成田~バンコクの増便

こちらは昨年の冬にも実績のある、成田~バンコクの増便です。

便名 運航日 機材 出発時刻 到着時刻
JL717 毎日 787-8(SS8) 東京(成田)12:40発 バンコク18:00着
JL718 毎日 787-8(SS8) バンコク23:25発 東京(成田)7:15着

従来、東京からバンコクに行く便は、深夜の羽田発、午前中の羽田発、夕方の成田発の1日3便となっていましたが、これに昼間の成田発が加わることになります。

f:id:issy-style:20170712232231p:plain
機材は同様にSS化された787-8になります。こちらも快適な機材になりますね。

まとめ

2017年10月からの冬ダイヤから、JALは羽田~ロンドンと成田~バンコクの増便を行うことになりました。特にロンドンは、深夜2時発という、今までにないダイヤ設定となっています。飛行機で眠ることができる方であれば、朝にヨーロッパに到着することができるので、特に行きは利用しやすいのではないでしょうか。

機材はどちらもSS化というゆとりある機材になっていますので、空の旅の環境もよいものとなるでしょう。
スポンサーリンク