読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

海外専用プリペイドカード キャッシュパスポートを発行して4500ANAマイルをゲットする

f:id:issy-style:20170226003011p:plain
海外旅行で現地通貨確保する方法には、現金を両替したり、クレジットカードのキャッシング利用、海外でも利用できる銀行口座のATM利用のほか、海外専用プリペイドカードというものがあります。

今回、海外専用プリペイドカードの「キャッシュパスポート」の発行で、5,000円か4,500ANAマイルが獲得できる案件がありましたので紹介いたします。様々な罠が仕掛けられていますので注意が必要です。

キャッシュパスポートって?

キャッシュパスポートとは、マスターカードの子会社が発行する海外専用のプリペイドカードです。

事前に日本でこのカードに入金して海外にいくと、ATMを利用して現金を確保することも、電子マネーのように決済に使うことも可能です。どちらもマスターカードさえ利用できる環境であれば対応しています。

メリットとしては、再発行が可能、カード保有者以外でもチャージすることが可能、様々な通貨にチャージして1枚のプリペイドカードとして保有できるというものがあげられます。お金がなくなっても、離れた家族がチャージできたりするのは大きなメリットだと思います。

f:id:issy-style:20170226002900p:plain
カードを発行したら、振り込みなどをして入金してアカウントを開設すれば、その後は繰り返し利用することができるのです。

f:id:issy-style:20170226002912p:plain
申込をしたら、本人限定郵便が届きます。余談になりますが、本人限定郵便ってめんどくさいんですよねー、一度通知が来てから郵便局に電話して…って。

ただ、この非常に便利なカード、手数料が色々かかってきますので、お世辞にもお得とはいえないカードなんです。

様々な手数料がかかる

f:id:issy-style:20170226105041p:plain

1 チャージに手数料が取られる
まず、いきなり入金するときに入金手数料がかかります。手数料1%。1万円チャージしたら口座の中身は9,900円ということになります。

2 ATM手数料がかかる
海外のATMで現金を引き出すこともできるこのカードですが、ATM手数料がかかってきます。おおむね200円程度でしょうか。

これですが、※印に書いてある通り、ATM手数料は、キャッシュパスポート側の手数料であり、機械を使用する手数料が、実際はこれよりも手数料がかかってきます。

3 カードの維持費と解約料がとられる
なんとカードの維持費と解約料がとられます。カードの維持費は、12か月以上利用がない場合、月150円の口座管理料がとられるようです。では使わなくなったカードを解約しようとすると、カードの解約料として500円が発生します…。すごい商売だ…。

これを防ぐには、1万円入金したら、150円以下になるまで使い切り、カードは解約せずに眠らせる(or捨てる)というのがベストですね。

カード発行と入金で4500ANAマイルを獲得することが可能

ちょっと手数料が多いので使いにくいキャッシュパスポート。ただ、たくさんポイントがもらえるということであれば賢く発行したいものですね。

f:id:issy-style:20170226005344p:plain
今回、ちょびリッチの案件は、「カード発行」と「1万円以上の入金」が条件になっています。入金が必須ですが、近いうちに海外渡航の予定のある人であれば、それほど難しい条件ではありません。

実際に使用して、手数料などで他の両替方法よりも仮に1,000円損をしたとしても、4,500ANAマイルが手に入るのであれば、1,000円で4,500マイルを買ったと思えば割り切れるのではないかな、と思います。

f:id:issy-style:20170226002012p:plain
どこ得をみると、一番ポイントが高いのはi2iというサイトですが、このサイトはソラチカルートには乗っけることができませんので、その次の「ちょびリッチ」を使いましょう。

f:id:issy-style:20170226002120p:plain
ちょびリッチの10,000ポイントは、ソラチカルートを利用することにより、4,500ANAマイルに交換することができます。また、現金がほしい方は、5000円の現金にもなります。

これを機にちょびリッチに申しこもう!という方、ちょびリッチへの登録はこちらからできます。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

まとめ

キャッシュパスポートを発行して4500マイル獲得できる案件の紹介でした。海外で利用することができるカードですが、手数料の高さからして使いにくいものでありますので、海外旅行を控えている人であれば、発行して1万円だけチャージし、電子マネーのように利用して使い切るというのがベストだと思います。