旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

バンコク「シェラトングランド・スクンヴィット」滞在記

f:id:issy-style:20170714000744j:plain
2017年7月にバンコクに滞在した際、シェラトングランド・スクンヴィットに滞在しました。バンコクは魅力的で安価なホテルが多く、どこに泊まるか悩む方も多いとおもいます。今回、素敵なホテルでしたので、ここで少し紹介したいと思います。

バンコクのSPG系列ホテル

バンコクの中心部には、SPG系列のホテルがたくさんあります。

過去にバンコクではウェスティンホテルとフォーポイントに宿泊したことがあるので、今回はシェラトングランドスクンヴィッドにしてみることとつぃました。シェラトンでありながら、SPG系最高峰の「ラグジュアリーコレクションホテル」の冠がついているホテルなので、非常に期待して向かいました。

なお宿泊は今回スターポイントで支払いました。ラグジュアリーコレクションホテルでありながらカテゴリーは4なので、1万ポイントで宿泊することが可能です。

空港からホテルへは鉄道が便利?


今回、バンコクスワンナプーム国際空港に到着したのは朝の5時です。ホテルまではタクシーにするか電車にするか悩みましたが、私はメーターを使わないタクシーが大嫌いなので、電車が動くまで空港で待ちました。

f:id:issy-style:20170714223124j:plain
電車の乗り場は地下になりますので、エスカレーターで地下までおります。

f:id:issy-style:20170714223210j:plain
地下の改札手前です。こちらで切符(コイン型のトークン)を購入し、自動改札を抜けていきます。

電車は6時から24時まで、15分に1本間隔で運転されており、運賃は地下鉄と乗り換え駅であるマッカサンまで35バーツで所要25分、高架鉄道と乗換駅であるパヤタイまで45バーツで所要30分になります。

f:id:issy-style:20170714223821j:plain
今回宿泊するシェラトングランド・スクンヴィットBTSアソーク駅と地下鉄のスクンヴィット駅が最寄り駅ですが、地下鉄経由の方が早いので、マッカサンまで電車で向かい、そこから地下鉄に乗り換えて向かいました。地下鉄も16バーツでしたから、合計51バーツでホテルまで到着です。

f:id:issy-style:20170714000822j:plain
ホテルに着いたのは7時ころでした。こんな時間からアーリーチェックインが可能なのかは少し不安でしたが、無事にチェックインすることができました。なお、この時間は日本語を話す人はフロントにいなかったのでやりとりは英語になります。

f:id:issy-style:20170713235747j:plain
明るいロビーです。らせん階段がゴージャスさを生み出していますね。

f:id:issy-style:20170713235851j:plain
今回用意してもらった部屋は23階になります。エレベーターで23階まであがりました。廊下を進んで部屋に向かいます。

スポンサーリンク


部屋に潜入

さて部屋に入っていきたいと思います。

f:id:issy-style:20170714224145j:plain
部屋全体の写真がない…(苦笑)

f:id:issy-style:20170714000339j:plain
ベッドがふかふかで、とても気持ちよかったです。また、枕を選ぶことができるようです。

f:id:issy-style:20170714000400j:plain
大型のテレビがあります。チャンネルですが、NHKワールドのほか、日本テレビ、フジテレビ、朝日放送の3つの民放がつながりました。なぜ朝日放送…。テレビ朝日ではだめだったのか?大阪への配慮??

土曜日の午前中でボーっとしていたので、王様のブランチでもみるかと思った私は残念な結果になりました(笑)

f:id:issy-style:20170714000436j:plain
f:id:issy-style:20170714000449j:plain
ミニバーです。ソフトドリンク、お酒などがあります。滞在日はタイの禁酒日だったので手を出すことも考えましたが、さすがに割高すぎるのでやめました。ビールが220バーツだったような。

f:id:issy-style:20170714000509j:plain
クローセットが広いです。セーフティボックスがあります。

f:id:issy-style:20170714000706j:plain
窓からの眺めはこんな感じです。ビルもあり、目の前には公園もあり、といった感じでなかなかの眺めですね。

f:id:issy-style:20170714000726j:plain
夜景はこんな感じになります。

f:id:issy-style:20170714224116j:plain
チェックインの後、バトラーさんがコーヒーをもってきてくれました。チェックインのときに何か飲み物を部屋に持っていきますか?と聞かれたのでお願いしてあったものです。

どうやら、バトラーは24時間サービスでコーヒーやジュースを持ってきてくれるようです。

水回りをみてみる

次は水回り(トイレ・バス)を見に行きましょう。

f:id:issy-style:20170714000244j:plain
水回りのエリアに入っていくと正面にどんとあるのがトイレですね。特にウォシュレットとかはありません。ぜひ今後設置を検討してもらいたいものですね。

f:id:issy-style:20170713235442j:plain
洗面台はシングルになっています。

f:id:issy-style:20170713235425j:plain
バスタブがあります。かなり広いです。身長182センチの私が足を悠々と伸ばすことができました。

f:id:issy-style:20170713235410j:plain
シャワーブースが独立しています。私は独立シャワーブースがあると、なんとなく高級ホテルに来た気分になれます(笑)

シャワーの水圧も全く問題ありませんでした。

f:id:issy-style:20170713235642j:plain
タイなだけあって、アメニティはTHANNです。

スポンサーリンク


プールにはぜひいってほしい

このシェラトングランド・スクンヴィットホテルで素晴らしいのがプールになります。ぜひプールにはいってもらいたいですね。

f:id:issy-style:20170714000001j:plain
プールは3階にあります。

f:id:issy-style:20170714000136j:plain
どうですかこの青さ!写真とか一切加工してなくてこれです。とても美しいですよね。都会にいることを忘れさせてくれます。

f:id:issy-style:20170714000055j:plain
プールサイドチェアもあります。もちろん無料で使うこともできます。

レストランもプールサイドにあって、飲み物をこちらに持ってきもらうことも可能です。貧乏旅行だったので料金は確認していませんが、それなりのお値段だと思います。

f:id:issy-style:20170714000110j:plain
チェアに座った際の目線がこんな感じになります。とてもバンコクの喧噪の中にいるとおもえません。緑が、バンコクの雑踏をみせないように植えられているんです。

ここで私はうとうとムニャムニャ*1してしまいました。バンコクに行って真昼間から寝ているのかよ!と突っ込まれてしまうかもしれませんが、とっても贅沢な時間です。

こんな豪華なホテルに無料で宿泊できる方法

今回、シェラトングランド・スクンヴィットに滞在してきました。とても素敵なホテルで、バンコクにいながらリゾートにいる気分も味わうことができました。

さて、今回このホテルは、SPGのスターポイントを1万ポイント利用して宿泊しました。SPGのスターポイントは、ホテルの利用のほか、SPGアメックスと呼ばれるカードを利用することで100円あたり1ポイント貯めることも可能です。

このSPGアメックスカードは、入会3か月以内に10万円を決済するだけで1万ポイントのボーナスポイントが付与されます。これだけでもこのホテルに1泊するだけのポイントになりますよね。

さらに、私からの紹介ですと、カード作成から3か月以内に10万円を決済するだけで、17,000スターポイントを獲得することができます。30万円決済すれば、3000ポイントが付与されますから、これを併せれば20,000ポイントになります。

つまり、SPGアメックスを作成して30万円決済するだけで、このホテルに2泊無料で泊まることが可能になるのです!それもSPGゴールド会員にもなれますから、レイトチェックアウトも可能になります。

SPGアメックスについては、以下の記事で詳しく解説していますので、興味のある方はぜひご覧ください。
issy-style.hatenablog.com

カードの紹介は、ブログの問い合わせフォームからでも構いませんし、twitterのダイレクトメール機能を使ってもらっても構いません。

スポンサーリンク


*1:おつゆだくだくプール