旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

素晴らしきBAマイル 思い立ったので札幌に行ってきました。

f:id:issy-style:20170812213528j:plain

突然北海道に行きたくなったらどうしますか?なかなか急に思い立っても旅行をするのは難しいかもしれません。特に夏休みともなると、飛行機も高いですしね。

私は突然北海道に行きたくなったので、その思い立った翌日からいってきちゃいました。それも札幌までの飛行機はマイルで払ったので、お金を使っていません。なぜ、そんなことができたのか紹介したいと思います。

突然、北海道にいきたくなった。

2017年8月8日、私は突然北海道に行きたくなりました(笑)夏休みなのにどこにも旅行をしないことが初めてでしたし、翌日8月9日は台風一過で猛暑が予想されていたので、北海道に行けたらいいなぁと思いました。

ただ、前日なので割引運賃もなく、ハイシーズンということもあり、定価の半額で購入することができる株主優待運賃も全て売り切れていました。普通運賃、東京~札幌までは4万円を超えます。

また、マイルを持っていても、ANAJALのマイルは4日前までしか予約をすることができません。

ただ、ブリティッシュ・エアウェイズのマイル(aviosと言います)を持っていれば話は違います。ブリティッシュエアのマイルは、JALの航空券に交換することが可能なのですが、これがものすごい使い勝手がいいんですよ。

  • 空席があれば当日でも発券可能
  • 1区間あたり4,500マイルから利用可能

ブリティッシュエアのマイルは、たとえ当日であっても、空席があれば(ここでいう空席とは、特典航空券用の空席です)特典航空券をゲットすることが可能なのです。

そこで、ひたすらブリティッシュのHPと睨めっこして空席を探しました。調べてみると、帰りの新千歳→羽田はいくらでも取れそう。ただし行きの飛行機がなかなか取れないのです。実は、羽田→旭川だけ、一瞬空席が出たものの確保できず、その後また出るかもしれないと思い、札幌、旭川、函館の空席をひたすら探しました。最後の方はDoS攻撃扱いされかけましたけどね!

「もう無理か…さっき旭川を確保できなかったのが運の尽きか…」。諦めかけたその時、私の脳裏に天使が下りてきます。

どこかでトランジットすればいいんじゃね?

つまり、羽田から新千歳までの直行便が確保できなければ、羽田→どこか→新千歳と取ればいいということです。ブリティッシュエアのマイルは、1区間あたり4,500マイルが必要なので、行きのマイルは二倍の9,000ほどがかかりますが、往復で13,500マイルであれば許容範囲でしょう。

では「どこか」はどこにすればよいか。なるべく北よりにして時間のロスは避けたい。そこで目を付けたのが秋田です。秋田からは新千歳行きのJAL便もありますし、羽田からの便もけっこうある。早速のぞいてみると…

空席キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

東京→秋田は余裕で、秋田→新千歳はラスト1席だったんですが、特典に空席がありました。とっとと発券して翌朝に備えました。

スポンサーリンク


北海道でしてきたこと

朝7時初の秋田行に乗り、3時間以上秋田空港でトランジットしました。国内線で3時間トランジットしたのは初めてです。さらに新千歳行きの飛行機の出発が30分遅れてたため、新千歳空港に到着したのは午後一時頃でした。帰りの飛行機は15時発ですので滞在は26時間ほど。限られた時間で楽しんできました。

羊ケ丘展望台に向かう

f:id:issy-style:20170812212202j:plain
まずは効率的に回るため、羊ヶ丘展望台にいってきました。「青年よ大志を抱け」で有名な、クラーク博士がいるところです。

羊ケ丘展望台は、新千歳空港と札幌中心部の途中にありますから、一度札幌中心部にでると、また戻ることになってしまい時間のロスになります。そこで、新千歳空港からバスで向かいました。

新千歳空港から、「円山ターミナル」行のバスに乗ると、「福住3条9丁目(羊ケ丘展望台)」というバス停があるので、ここで降りて10分くらい坂を上ると、展望台に到着します。

f:id:issy-style:20170812212337j:plain
青年よ、いやSFC修行僧*1よ大志を抱け!

はい、これがやりたかっただけです。やれてとっても満足です…。

f:id:issy-style:20170812213315j:plain
ここでは、「白い恋人ソフトクリーム」(350円)があったので食べてみました、が、味をミックスにしてしまったので、白い恋人感がわかりませんでした…。みなさん白い恋人ソフトはおとなしく白い恋人を味わいましょう。

f:id:issy-style:20170812212559j:plain
羊ケ丘展望台なだけあって、羊がちゃんといます。ときによっては放牧ならぬ放羊されているようですが、このときは小屋にいました。

スープカレーを味わう

羊ケ丘を後にし、札幌中心部に向かいます。もちろん北海道にきたら札幌ビール園にはいきたかった。夏の北海道は初めてだし。ただ今回は一人旅。一人焼肉まではしたことあるけれど、一人ビアガーデンはさすがに敷居が高すぎる。高杉晋作

f:id:issy-style:20170812203819j:plain
何食べるかは結局悩みましたが、無難に一人でも入りやすいスープカレーに決めて、お店はGARAKUにしました。なお、以下のJPさんのブログにもありますが、2017年4月に移転していますが、今回宿泊したドーミーインでもらった地図は昔のままでしたので、ご注意ください。

【お店を選ぶにあたっては、JPさんの以下のブログを参考にしました】
www.ana-mile-first.com

f:id:issy-style:20170812203855j:plain
メニューも結局JPさんと同じく、「ポークフランクとベーコンの炙りチーズのせ」にしました。チキンよりもベーコンにそそられました。ベーコンはやっぱりおいしかったですね。とても満足しました。

ホテルはドーミーイン札幌 最高の朝食ビュッフェを味わう

f:id:issy-style:20170812211206j:plain
今回滞在したホテルは、「ドーミーイン札幌プレミア」です。前日の予約でしたが、9,790円で予約することが可能でした。


場所は大通とすすきのの間にある「狸小路商店街」に面しており、JR札幌駅からは徒歩20分程度のところにあります。札幌駅から大通、すすきのまでは地下通路でつながっており、狸小路商店街はアーケードになっていますので、雨や雪が降っていても、札幌駅から濡れずに歩いていくことが可能です。

なぜこのホテルにしたのかというと、大きな理由があります。それが、「朝食ビュッフェが素晴らしい」ということです。1泊1万円クラスのビジネスホテルとしては、とても素晴らしいビュッフェと聞いていましたが、想像以上のものでしたね。

朝6時から開始とのことなので、頑張って5時45分に起床し、レストランに向かいました。

f:id:issy-style:20170812205928j:plain
まず、「大地の恵み」の文字とともに、洋食の小鉢だけでいきなり5種類もでてきます。

f:id:issy-style:20170812210125j:plain
ホタテ、イモ。こんなのが朝から出てきます。けれどもまだまだ序の口です。

f:id:issy-style:20170812210214j:plain
朝からジンギスカンが食べれます。やっぱり札幌来たら食べたいですね。一人旅でビアガーデンにはいけなかったのでこれはうれしいです。

f:id:issy-style:20170812210257j:plain
海鮮丼の具材です。甘エビ、いくら、シラスなど…。もうよだれがとまりません。これの隣には酢飯がおいてありますので、好きな具材を好きなだけ載せることができます。

f:id:issy-style:20170812210345j:plain
デザートは富良野のメロン。もう止まりません。

紹介したのはほんの一部で、もっとたくさんの種類があります。朝食だけで、北海道のグルメを味わいつくすことも可能です。

私がでるときはすでに待ちが発生していましたし、チェックアウトしたときはもうかなりの待ち時間だったようなので、頑張って朝6時に向かうことをお勧めします。

大倉山展望台にゆく

f:id:issy-style:20170812211720j:plain
2日目、ホテルのビュッフェを済ませ一休みしたのち、朝から大倉山展望台にいってきました。

f:id:issy-style:20170812204326j:plain
こちらが大倉山のジャンプ場です。今でも大会が開かれるジャンプ場、圧巻ですねー。選手が飛ぶときに上に向かうリフトに乗ることができますので乗ってきました。

f:id:issy-style:20170812204433j:plain
リフトの途中でみえる、ジャンプの踏切りのところには、五輪のマークがあるんですね。

f:id:issy-style:20170812211826j:plain
リフトで上った先は、ジャンプ台のスタート地点ですが、その上が展望台になっています。札幌の街が一望できますね。

また、この展望台の横には、札幌オリンピックミュージアムがあります。札幌オリンピックに関する各種展示のほか、過去のメダリストなどのスキーの板なども展示されています。

f:id:issy-style:20170812205154j:plain
「レジェンド」葛西紀明選手のスキー板ですね。

f:id:issy-style:20170812205203j:plain
高梨沙羅ちゃんのスキー板とウェア、カーリングの小笠原選手のウェアと氷をゴシゴシするやつ(なんていうんだっけ…)

f:id:issy-style:20170812205239j:plain
清水宏保選手のスケート靴もありました。

f:id:issy-style:20170812205350j:plain
また、展示のほかに体験コーナーとして、スキージャンプのシミュレーターなどがあります。画像に合わせてジャンプして、そのタイミングで飛距離が計測されるものですね。

非常に充実した観光になりました。楽しかったです。


スポンサーリンク

短い札幌観光も終わりにし、このあと、新千歳空港で帰りの航空券を発券してからノーザンファームにいこうと思ったんですが、搭乗予定の便が2時間遅れになっていたので、1本早い便に振り替えをしてもらいました。

何も用事がなければ2時間遅れでも構わなかったのですが、ちょっと夕方から用事があったので振り替えです。ノーザンファームにはいくことができませんでしたが、仕方がありません。

まとめ

このように、私はブリティッシュエアのマイルのおかげで、思い立って8月の北海道に翌日から旅行するという離れ業をやってのけました。おかげで、羊ケ丘展望台や、大倉山ジャンプ台の観光をし、おいしいスープカレーや海鮮丼を食べることができたのです。

普通にチケットを買ったら、往復で8万円程度かかります。それが、BAマイルを持っていたため、航空券代はほぼ無料*2で行くことができました。

素晴らしきBAマイルです!BAありがとう!!

スポンサーリンク

そんなBAマイルの貯め方、使い方は以下の記事に書いてあります。BAマイル、持っておいて損はないですよ!
issy-style.hatenablog.com

BAマイルを貯める最強のクレジットカード SPGアメックスの記事はこちらです。
issy-style.hatenablog.com

*1:ANAの上級会員になるために飛行機に乗りまくる人。私も2017年にチャレンジしています

*2:正確には、羽田空港の使用料などで、合計数百円ほど支払っています