読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

2016結婚式参列ハワイ旅行記4 トランプホテル(デラックススチューディオ)滞在記

2016ハワイ ホテル 旅行記

f:id:issy-style:20170304001916j:plain

2016年のハワイ旅行、ホテルはさんざん悩みましたが、トランプ・インターナショナル・ワイキキに滞在することに決めました。今回は、そのトランプホテル(デラックスステューディオ)の部屋の中を紹介したいと思います。

<前回の記事>
issy-style.hatenablog.com

トランプホテルの概要

f:id:issy-style:20170304001938j:plain

ワイキキで唯一「Preferred Hotels & Resorts」にノミネートされているトランプホテル。セレブな人も訪れるようなホテルです。口コミも非常によく、tripadviserでも1位、2位あたりをウロウロしています。

ホテルのホスピタリティやサービスがありつつ、長期滞在向けに広い作りだったりキッチンがあるという、ホテルとコンドミニアムのいいところどりをしているホテルです。

このトランプホテルは、ワイキキの中心部から少し外れたところにあります。

ただ、少し外れたとはいえ、ワイキキの中心部にあるロイヤルハワイアンセンターまでは徒歩5分程度、ちょうどお散歩するにはいい距離です。ビーチには面していないので、ビーチにいくときは道を渡っていかなくてはいけないのが若干の難ですが、カラカウア通りより南側なので、それほど人通りが多くない場所ですので、あまり気になりません。

部屋のカテゴリー

トランプ・インターナショナル・ワイキキの部屋のカテゴリーは以下のとおり分類されています。

  • スチューディオ
  • 1ベッドルーム・スイート
  • 2ベッドルーム・スイート
  • 3ベッドルーム・スイート
  • トランプ・エグゼクティブ・スイート

スチューディオというのは、スイートではない一般的な部屋ですが、部屋の広さが45平米程度あり、非常にゆったりとしています。私たちは夫婦で泊まりましたので、特にスイートである必要もなく、ステューディオタイプで十分だな、と思いました。

ちなみに、スイートルームは相応のお値段に跳ね上がります(特にオーシャンビューは)

ホテルのチェックイン、そして部屋へ

結婚式参列時に着るアロハをアラモアナセンターで調達し、ワイキキに戻ってきてチェックインです。今回とったのは「デラックス・スチューディオ」タイプのお部屋。一応、オーシャンビュー指定はしてみました。ハワイはオーシャンビューが正義なので、指定するとけっこう値段が張るんですがそこはケチらずに頑張りました(笑)

f:id:issy-style:20170304002053j:plain
ホテルの車止めからエレベーターでフロントのある6階まで上がります。こちらがフロントのフロアです。非常に解放感があります。

こちらのフロアでフレーバーなお水をいただきつつチェックインをするのです。今回は15階の部屋になりました。

f:id:issy-style:20161225001104j:plain
部屋に入りました。部屋はやはり広いですね。まぁホテルコンドだから当たり前なんですが、ベッドが広々とおかれています。

f:id:issy-style:20161225001116j:plain
スイートタイプではないのでベッドの横ではありますが、一応ソファなんかもあったりします。

f:id:issy-style:20161225001128j:plain
洗面所に向かいます。水回りも洗面台2つの上に、深いバスタブつきになっています。これはなんだかんだいって日本人にはうれしいものではないでしょうか。

そして、トイレがウォシュレット付きであることが重要なんです。日本以外でそうそうないし、自分にとって海外旅行での苦痛の一つがウォシュレットなしですからね!これのおかげで、お腹の調子が絶不調だった今回の旅でもだいぶ楽できました(笑)

スポンサーリンク


f:id:issy-style:20170304005051j:plain
アメニティはトランプオリジナルのものです。ホテルの中のエステなどでも使っているもののようで、質感はなかなかよかったです。

f:id:issy-style:20170226220045j:plain
コンドミニアムの機能もあるトランプホテル。スチューディオの部屋にも、ちゃんとキッチンがあります。ステューディオタイプの部屋ですから、玄関入ったとところではありますが、電子レンジなども備わっていますので、テイクアウトしたものを温めることもできます。

f:id:issy-style:20161225001145j:plain

窓をあけてみました。オーシャンビューということで海が見えますし、奥にはヒルトンがみえます。この日は金曜日だったので、ヒルトン横の海岸で花火大会がある日です。部屋のラナイから花火を楽しむことができるので、夜も非常に楽しみになってきました。これはトランプホテルに限りませんが、金曜日に宿泊する場合は、ヒルトンが見える方向をリクエストしてみるのもよいのではないでしょうか。ヒルトンが見える=ダイヤモンドヘッドがみえない、ということになりますので悩ましいところではありますが…。

実際に3泊滞在しましたが、ホテルのキーパーさん、スタッフさん、みなさんきさくで感じがよく、非常に快適に過ごすことができました。ベッドメイクは1日2回なされ部屋は綺麗ですし、すれ違うスタッフさんも笑顔で接してくれ、とても気分がよい滞在でした。あとは社長がアレじゃなければ…

まとめ

ワイキキ中心部の喧騒から一歩離れたところにあるトランプホテル。部屋の快適さ、設備、ホスピタリティ、どれをとってもレベルの高いホテルでした。部屋が広いので子供連れなんかにもおすすめできると思います。ちょっと高いですが、小さい子供1人までくらいなら、デラックス・スチューディオくらいでいけると思います。パパはソファで寝ることになるかもしれませんが…。

ソフト面でもぬかりなく、非常に満足することができました。

スポンサーリンク

<続きはこちら>
issy-style.hatenablog.com