読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

成田空港国際線サクララウンジのすべて

JALマイル JGC修行 旅行情報

ビジネスクラスを利用したり、航空会社の上級会員になると、空港のラウンジを使うことができます。これらのラウンジは、クレジットカードで入れるラウンジとは大きく違い、豪華なものの場合が多いです。

空港ラウンジとは何ぞや、というものを、成田空港国際線サクララウンジを例にしてご紹介します。ここは、たぶん日本で一番豪華なビジネスクラスラウンジだと思います。


航空会社の上級会員とはなんぞや?という人はこちらをご覧ください。
issy-style.hatenablog.com

サクララウンジの入室資格とは

f:id:issy-style:20160922132206p:plain

サクララウンジに入室できるのは、JALビジネスクラスやプレミアムエコノミーチケットを持っているか、JALの上級会員であるJMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア保有している人、またまたJALグローバルクラブに加入している人です。

このうち、JALの上級会員の場合は、JAL以外のワンワールドに加盟している会社の航空便に乗る場合でも使用することが可能です。

ワンワールド加盟の会社のうち、成田空港に就航している航空会社は以下のとおりです。

例えば、キャセイパシフィックのエコノミークラスに乗る場合でも、上級会員のステータスを持っていれば利用することが可能です。一方で、例えばエミレーツ航空のドバイ行きに、JALの便名で乗る場合でもサクララウンジは使用できません。

ラウンジ内部に潜入

f:id:issy-style:20160925214559p:plain
成田空港のサクララウンジは、第二ターミナルの南側にある出国審査を抜けた正面にあります。

f:id:issy-style:20160925214753j:plain
出国審査を抜けると、このような場所がありますので、自動ドアを入っていくと受付になります。ラウンジに入ったら、受付のきれーなおねーさんに航空券を出します。搭乗クラスでの利用の場合はもちろんみればわかりますし、普通は航空券に上級会員の情報は紐付いていますが、もし紐付いてない場合は上級会員のカードを見せることになります。

そしたら、右の階段を下ると、そこはワンランク上の世界です。

ダイニングエリア

f:id:issy-style:20160922223207j:plain

サクララウンジのダイニングエリアは、3階にあって、他のエリアと区切られています。この階段を昇っていくことになります。このあたりは、ANAのラウンジと違うところです。このエリア以外では食事ができません。

f:id:issy-style:20160925221025j:plain
こちらが3階のダイニングエリアです。端にビュッフェエリアがあり、テーブルがその横にある感じですね。

サクララウンジといえば、何よりも有名なのがビーフカレー。昔は午前10時以降の提供でしたが、今はオープンから提供されています。ごろごろお肉が入っていて、カレーもしっかりとコクがあって、でも重すぎずというものです。ビールとともにいただくのがまたおいしいです。

写真はないですが、もう一つの目玉はsoup stock tokyoとのコラボです。スープストックも常時2種類くらいおいてあります。

f:id:issy-style:20160922223410j:plain

新鮮なサラダや、フルーツポンチなんかもあるので、朝からヘルシーな食事をとることもできます。

f:id:issy-style:20160922223602j:plain

ビールも、缶ビールなどではなくサーバーがおいてあります。朝から生ビールです。ここでは一番搾りが提供されています。なお、泡の調整も自動でやるタイプなので、泡多めとかはできないのは残念ですね。

なお、今回取材したのは朝の8時ですので、ダイニングエリアにあまりお酒はおいてありませんでした。そもそも、7時半にラウンジ入って、ダイニングエリア見回して酒を飲んでいるのは私ともう一人だけでしたしね。みなさん朝ごはんにジュースやコーヒーという感じでした。

ラウンジ二階エリア

f:id:issy-style:20160925215114j:plain
階段を降りて2階に戻ります。ラウンジ2階には、ダイニング以外のエリアがあります。くつろげるエリアですね。こちらでは食事はできません。

f:id:issy-style:20160925215147j:plain
この時間は2階にバーカウンターがあります。お酒の種類も豊富ですね。

f:id:issy-style:20160925215230j:plain
食事のないエリアですが、コーヒーやそのお供になるクッキーなども置かれています。

飛行機に向き合う形で席があります。ソファ席などもあり、旅のスタイルによって席を分けることもてきます。電源コンセントももちろんかなりの席についています。

喫煙者エリア

f:id:issy-style:20160922104253j:plain
喫煙者にとって、航空機でたばこを吸えない10時間は苦痛なんだと思います。私はタバコを吸わないのでよくわからないのですが。

成田のサクララウンジの喫煙エリアがこちらです。中にはソファや雑誌、テレビもあり、ゆとりのある作りになっています。ドリンクはおいていないので、外のエリアから持ち込むことになりますが、それでも「くつろいで」たばこを吸えるのではないでしょうか。

リラクゼーションエリア

f:id:issy-style:20160922103416j:plain
サクララウンジの中には、マッサージなどをしてくれる「リラクゼーションサービス」というのがあります。

  • 08:30~12:30(最終受付 12:15)
  • 15:00~21:00(最終受付 20:45) 

メニューは以下の3つで、10分間受けることができるサービスです。準備時間もあるので予約は15分単位です。

  • 上半身ボディケア
  • フットケア
  • 頭皮ケア

いつも私は上半身ボディケアをお願いしています。ただ、今回はフライトが9:20のため、8:30からのサービスしか受けることができません。急いで受付にいったのですが、8:30の枠は埋まってしまったとのことでした…。

なので、マッサージを希望される方は、必ずラウンジ入室直後に向かうようにしましょう。


f:id:issy-style:20160922103923j:plain

そのほかにも、マッサージチェアが6台あります。今回は時間の都合でマッサージを受けることができなかったので、こちらで体をほぐしてからフライトに向かいました。

シャワー

f:id:issy-style:20160922224714j:plain
(写真は羽田空港サクララウンジのものです)

空港のラウンジでは、シャワーも浴びることができます。成田発の場合、昼間便が多いのでそこまで活用することもないのですが、例えばハワイやドバイ行きは22時発ですので、仕事帰りに成田に来る方もいるでしょう。その際、シャワー浴びてからフライトできればすっきり眠れますよね。

もちろんタオル完備、アメニティもありますので、シャンプーなボディソープを預け荷物にしてもらっても全く問題ありません。ビジネスクラスラウンジなので、それなりのクラスのものを使っているところが多いですね。

まとめ

成田空港のサクララウンジを紹介いたしました。航空会社のラウンジは、飛行機を待つ時間を過ごすのにとても快適な空間です。いわゆるカードラウンジとは違ってゆとりのある空間になっています。

飛行機に乗る前に上級会員だとこのようにリッチに過ごせることになります。ぜひ上級会員を目指してみてはどうでしょうか。次は、上級会員になる方法について書いていきたいと思います。