旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

2016シンガポール旅行記5 シンガポールのお土産を一挙公開

チャイナタウンでチキンライスを食べた後は、お土産購入のためにショッピングの中心部であるオーチャードにむかいました。私の旅程を参考にしていただける方で、シンガポール初めての方は、この間にマーライオンパークの観光をいれるとよいと思います。

<前回の記事>
issy-style.hatenablog.com

買い物中心部オーチャードへの移動


チャイナタウンからオーチャードまでMRTで移動するには、乗り換えが発生する上に、オーチャードを唯一通るMRT南北線はかなり混みます。私は現地では極力公共交通機関を使いたい人なので、今回もMRTで移動しましたが、タクシー利用も視野に入れてもいいと思います。

タクシーでオーチャードに向かう場合、どこで降りるかという問題があると思います。オーチャードの中心ということであれば、アイオンオーチャード(ION orchard)になると思うので指定するとよいのではないでしょうか。

TWGの紅茶は種類も豊富

f:id:issy-style:20160818223602j:plain
まずはオーチャードの中心であるアイオンオーチャードに入ります。地下鉄駅の真上にあるショッピングセンターなので、間違えることもありません。
ここでは、紅茶で有名なTWGのショップに行きました。もはや日本でも多数出店しており、決して珍しいものでもなくなってしまいましたが、まだまだTWGの紅茶はシンガポールのメジャー土産だと思います。高級感があって喜ばれる品です。アイオンオーチャードのほか、マリーナベイサンズなどにもショップがあります。

個人的に好きな種類は、「シンガポールブレックファースト」です。ここはシンガポールですから、「シンガポール」ってついていると手に取りたくなりますよね(笑)。バニラの香りがきいていて、私は好んで飲んでいます。日本人観光客も意識しているのか、缶に日本語の説明もありますね。1本約40ドルです。

バラマキものは高島屋地下のスーパーで

f:id:issy-style:20160818223807j:plain
次は、ニーアンシティというショッピングセンターに向かいます。ニーアンシティというとなじみが薄いのですが、高島屋が入っているビルです。ここの地下にはデパ地下とスーパーがありますので、ばらまき土産を探しに向かいます。

ばらまき土産はなるべくコストを抑えつつも、帰国後のトークや評判を落とさないためにも気を使いたいところ。あと、日本では当たり前の個包装が海外では少ないので、小さい箱・袋のものを大量に買うか、個包装のアイテムを探すかになると思いますよね。

f:id:issy-style:20160823211936j:plain
そんな日本人の要求を満たすのがこのマーライオン型のクッキー。もちろん個包装かつ低価格、味もバラエティに富んでいます。これ、職場のお土産に最適ですよね。正直、もっとおいしいクッキーはあると思いますが、マーライオンなら、誰もがシンガポールにいったと分かるので話も弾みますし。今回私も購入しました。

過去にはこのスーパーでチキンライスの素、ローカルのお菓子、タイガービールなどを購入したことがあります。どれもばらまき向きになります。

名物カヤジャムの小瓶も高島屋地下で買えます

f:id:issy-style:20160818224024j:plain

シンガポールに限らず、お隣マレーシアでもメジャーなジャムといえばカヤジャムです。カヤジャムとは、コナッツミルクと卵、砂糖というシンプルな材料を煮詰めて作るジャムです。

このジャムとバターを使ったカヤトーストで有名なのが、ヤークンカヤトーストというお店です。シンガポールに30店舗くらいあり、お手頃な値段でおいしいカヤトーストを食べることができます。日本にも一時期豊洲ららぽーとに出店していましたが、今は撤退しています。

www.yakun.com.sg


f:id:issy-style:20160818225548j:plain
そのトーストで使うカヤジャムは、実は瓶詰めで販売されています。イートインの各店舗で購入することができますが、この高島屋デパ地下では小瓶のサイズを売っています。ノーマルサイズの便だと少し大きいので、一人暮らしの人とかに渡すと食べきれない量になります。そんなときに小瓶がは便利ですね。

お値段は大瓶4.5ドル、小瓶は2個いり6ドル。お友達にちょうどよいお土産になると思います。

スポンサーリンク

大切な人へのお土産は迷わずラッフルズ

f:id:issy-style:20160818225042j:plain
ばらまき土産の調達や、軽くウインドーショッピングをしたら、オーチャードを後にしてMRTでラッフルズホテルに向かいます。ラッフルズホテルといえば、シンガポールはおろか、アジアを代表する超高級ホテルです。

http://www.raffles.jp/singapore/www.raffles.jp


f:id:issy-style:20160818225258j:plain
ラッフルズホテルの中にはギフトショップがあり、ここでラッフルズグッズの買い物ができます。はっきりいっていいお値段がするアイテムが多いのですが、さすが高級感があるアイテムというのが多いです。

f:id:issy-style:20160823230330j:plain
今回は親と姉に、カヤジャムいりのチョコトリュフを購入しました。ちなみにトリュフは他にもシンガポールスリング、オレンジ、シャンパン味があります。値段は微妙に違いますが、9粒で約30ドルですから高級品です(笑)また、ラッフルズにも紅茶やカヤジャムといったものがあります。もちろん高品質の代わりに値段は高いですが。

ラッフルズの中にはおしゃれなレストランやbarも多数入っています。barについては、翌日にいきましたのでまた紹介したいと思います。

休憩にはアイオンオーチャードのハーゲンダッツを利用した

f:id:issy-style:20160823212259j:plain
オーチャードでのショッピングが長引いて疲れ、休憩することもあるかと思います。オーチャードのショッピングセンターには、スターバックスや上で紹介したヤークンカヤトーストのイートインのような手軽なカフェから、TWGのカフェなど休むところもありますが、今回はION orchardの4階にあるハーゲンダッツで休憩しました。

その昔、銀座にはハーゲンダッツ・ラ・メゾンという、私も愛用していたアイススイーツの店がありましたが、2011年に閉店しました。更にハーゲンダッツのイートイン店舗も全て閉店した日本。ハーゲンダッツを店頭で食べれるところはありません。海外だからこそ食べられるもの、お茶するだけにしては少し高いですが、味わってみることにしました。

こちらが、私が頼んだChocolate Delightです。

一方、こちらは妻が頼んだFruit Blossomです。どちらのアイスも火照った身体を冷やしてくれ、またとても濃厚のある甘みがありおいしかったです。

まとめ

ここまで、シンガポール土産の定番ものを紹介しました。

などが有名ではずれも少ないと思います。困ったらこのあたりを調達してみるとよいと思います。

今回は買いませんでしたが、ビール好きならタイガービールを買ったり(関税注意!)、あと嫁はDFSで化粧品買ったりなど、他にもいいお土産はあると思います。

このあと、ホテルで休んでからカジノ・夕食・夜のガーデンとお楽しみはまだまだ続きます。

issy-style.hatenablog.com


スポンサーリンク