読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

渋谷ちかみちラウンジで渋谷の待ち合わせや時間つぶしを快適にする

(最終更新日:2016年12月3日)
f:id:issy-style:20160510222251j:plain

ANA陸マイラーであれば99パーセントの人がもっていると思われる「ソラチカカード」。実は、ソラチカカードを持っていると入れる「ラウンジ」が渋谷のど真ん中にあるのはご存知ですか?

本記事では、渋谷での時間つぶしや予定の合間に利用価値のある「渋谷ちかみちラウンジ」を紹介したいと思います。

ソラチカカードについてはこちらをご覧ください。
issy-style.hatenablog.com

渋谷ちかみちラウンジの名のとおり、渋谷ちかみち内にある

渋谷ちかみちラウンジは、その名のとおり「渋谷ちかみち」にあります。渋谷ちかみちとは、宮益坂方面にある渋谷ヒカリエから、渋谷駅を抜けて道玄坂下にあるSHIBUYA109の間を結ぶ地下通路のことです。

www.tokyu.co.jp

f:id:issy-style:20160510222055g:plain

渋谷ちかみちラウンジは、この通路の109寄りである、3番、4番出口のあたりにあります。地上の位置だと、ちょうどスクランブル交差点から109への道の真下にあります。東急田園都市線、メトロ半蔵門線京王井の頭線あたりの改札にも近いので、渋谷を出発する前の時間つぶしにも便利です。

ちかみち内の案内にもちゃんと書いてあるので、迷子になりやすい渋谷駅周辺でも安心してたどり着くことができます。

実は誰でも入れるしぶやちかみちラウンジ

このラウンジ、確かにソラチカカードをもっていれば入れるのですが、実は、ラウンジの向かいにある「ちかみちインフォメーションセンター」で、お姉さんに「ラウンジ使いたいんですけど」と伝え、氏名、滞在時間、利用する理由の3つを記入すれば使えるのです。

ただ、

  1. 誰でも入れることが大きく周知されていない
  2. (偽名でも大丈夫だろうが、)記帳しないといけない心理的負担

があるせいなのか、この情報はあまり広まってないような気がします。

渋谷ちかみちは東京メトロと東急が開発しているので、東京メトロ東急電鉄が発行するカードをもっていれば、インフォメーションセンターに寄らなくてもクレジットカードをカードリーダーに差せば利用することができます。なので、ソラチカカードのほか、JALマイル派のクレジットカードとして極めて有能な、JALカードTOPQでも入ることが可能です。

渋谷ちかみちラウンジの機能

この渋谷ちかみちラウンジには、以下の設備が整っています。
f:id:issy-style:20160510222157g:plain

  • ラウンジスペース
  • 男性用ドレッサールーム
  • 女性用パウダールーム
  • トイレ(ラウンジユーザー以外にも解放)

設備をみていただければわかるとおり、ちょっと休憩したり、次の予定の準備するためのスペースという感じだと思います。ドレッサールームやパウダールームが備えられているのも、次の予定とかに備えて身だしなみをチェックしたりする場として重宝できそうですね。

もちろん飲み物等はありませんが、持ち込みは可能です。Wi-Fiは3大キャリアのほか、別途提供しているフリーのものもあります(パスワードはテーブルに案内があります)ので、ノートパソコンを持ち込んでの作業も可能です。私も空き時間にブログ更新、リライトをしたこともあります(この記事も1度ラウンジでリライトしています(笑))

では、さっそく潜入してみましょう。

ラウンジの入口


重厚なドアとその両隣にガラスで中が丸見えというアンバランスな入口です。


自動ドアの横にカード挿入口があるので、ここにソラチカカードを挿します。挿すと自動ドアが開きます。

1 ラウンジ内部

f:id:issy-style:20160516230809j:plain

写真が撮れる場所でもないのでHPから拝借しています。中央にテーブルがあり、それを囲むようにしてチェアーが8個あります。この8箇所には電源もあります。また、スペースの両端に椅子が4つずつあるので、定員は16席です。(この写真にはソファがありますが、現在はソファはありません)

飲食物持ち込みは可と明示されており、ペットボトルの飲み物を飲まれたり、端の椅子でサンドイッチを食べている方もいました。会話は相当難しいと思います(お静かにお願いしますと書いてありますが、私の滞在経験では、複数人で入ってくる人はほとんどいません)。初めて訪れたのは平日だったので、土日だともう少し騒がしいのかなと思いましたが、後日土曜の昼に訪問してもそういうことはありませんでした。というか、ラウンジにいるのは皆おひとり様でした。

ちなみに外との境目がガラスであることから丸見えなので、興味深く覗き込む人の目線を感じます(笑)

2 女性用パウダールーム

f:id:issy-style:20160516231001j:plain

もちろん男性なので入れませんが、写真(HPから拝借)はこんな感じです。ときどきラウンジの入り口からラウンジに寄らず入っていく人もいますが、たぶん空いていると思います。女性の化粧直しってふつうどこでやるんですかね?デパートのトイレとかでやるとちょっと周りの目が気になるのではないでしょうか。私はわかりませんが…ここなら遠慮なくできるんだと思います。

ちなみに、ハロウィンのとき、ここがどうなっていたのかは知りません。興味深いですが…。

3 男性用ドレッサールーム

f:id:issy-style:20160516231627j:plain

鏡があるだけのスペースです。何度かラウンジには来ていますが、ここを使っている人をみたことがありません(笑)

4 トイレ(一般開放エリア)

もちろん写真なんてのはありません(笑)私はトイレに関してだけはかなりの潔癖症で、「駅のトイレなんか無理!」というタイプです。お腹も弱いため街中でトイレにいきたくなった場合、ホテルやショッピングセンター、パチンコ屋のトイレに駆け込む人間です。

ただ、ここは誰でも利用できる場所、かつ大都会渋谷のど真ん中にあるトイレですが、十分利用できるという清潔感はあります。オープンな部分なので、上に記載した場所にはとてもかないませんが、渋谷でお腹痛くなっても、ここなら大丈夫と思っています。

まだまだ知名度が低いせいか混雑していない

東京メトロ東急グループが発行するカードの所有者がどれくらいいるのかは知らないのですが、このラウンジの存在を知らない人も多いのではないでしょうか。なので、いつここに来てもそこまで混雑していません。

私は2016年には複数回、平日休日、様々な時間帯に訪れたことがありますが、いつも数席の空席はあります。なので今のところは満席の心配はあまりしなくてはよいのではないでしょうか。

まとめ

渋谷で時間潰しに使える「渋谷ちかみちラウンジ」。地下道の109寄りにあります。記帳すればだれでも使えるラウンジですが、ANAマイラーであれば99%もっているソラチカカードを使えば、インフォメーションセンターの綺麗なお姉さんと会話する必要なく、ラウンジを使うことができます。

決して広くはないスペースですが、渋谷を訪れる機会の多い方は、ちょっとした待ち合わせの時間調整に、デートや合コン前の身だしなみチェックに、営業活動の合間の休憩、メールチェックに、携帯充電きれた場合の充電場所として、活用してみたらどうでしょうか。