読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

【終了】アメックス祭りを横から眺める

f:id:issy-style:20160511220357j:plain

アメックス祭りは終了しました!


現在、陸マイラー界では「アメックス祭り」なるものが開かれ話題になっています。一撃10万マイルとか騒がれています(笑)

筆者はアメックスゴールド発行済のため、これに乗ることはできませんので、横から眺めて徒然なるままにいいたいことをいいます。
(本案件は5月11日現在の情報です。先日の「ANAビジネスクラスでいくシンガポール2泊4日祭り」*1のように、いつ塞がれてもおかしくないので、最新の情報を確認してください)

アメックスゴールド祭りの概要

アメックスの入会キャンペーンがいくつかあるのですが、今回話題になっているポイントサイト経由の案件が以下のものとなります。ゲットマネーやポイントタウンの案件にあります。

f:id:issy-style:20160511215752p:plain

キャンペーン内容は、

  • 初年度無料
  • 3ヶ月間、公共料金などのの支払い一口につき毎月2000ポイント付与(上限なし)

ということです。
これが、一口につき、というのがポイント。なので、家族でドコモとauバラバラにもっているのであれば、決済をアメックスゴールドにまとめれば、それぞれ2000マイルもらえることになります。これだけで3ヶ月で12000マイル。また上限なしという恐ろしい内容ですね。

ちなみに、対象となる公共料金等というのがこちら。
f:id:issy-style:20160511220130p:plain

これをみればわかるとおり、厳密な公共料金のほか、単価の安いプロバイダ、動画配信サービスなども含まれていますね。

これらを逆手にとったマイラーの皆様は、様々な「裏技」を編み出しています。すごい。

jikishi.hatenablog.com

monimonita333.hatenablog.com

www.sekai100isan.com

とにかく口数を増やすために、みなさん知恵を使っていますね。携帯の複数回線をバラしたり、格安プロパイダをたくさん契約したり、Huluなどに一気に加入してみたり、とみなさんあれこれ契約を増やしているようです。

HuluやU-NEXTの一ヶ月目無料のキャンペーンが邪魔だ、いらねー!とか言ってます(笑

と、稼ぎ方法はみなさんにお任せして、筆者はその使い方について一筆。

マイルへの移行手数料、ANAだけかかる!

アメックスのリワードポイントは、通常そのまま使うと2ポイントで1マイルになります。これを1ポイント1マイルのレートで移行するには、3000円の「リワードプラス」に加入することが必要です。また、他の会社への交換は無料・原則無制限ですが、ANAマイルに交換する場合に限り、別途手数料5000円が必要な上に、年間の上限が8万マイルとう縛りがあります。

よって、年会費無料のうちにANA移行できるのは16万ポイントまで*2です。普通の人はこれだけ移行できれば十分ですが、全力でこのキャンペーンに取り組む人は、20万マイル目指しているようなので、足が出てしまいます。

交換先は本当にANAでいいのか?

ここで全力でANAに貯める人、それも一つの方法です。確かに、マイルは集中させたほうがいいので。

ただ、陸マイラーJALではなくANAマイルに走るのは、ソラチカルートがあるからですよね?ANA9万マイルとJAL5万マイルであれば当然全力でANAに突っ込みますが、ANA9万マイルと他社9万マイルならどうでしょう?

ただでさえ、ANAマイレージがインフレ気味で特典が取りにくい状態と聞きます。できれば他の航空会社にもマイルを流し込むのも一つの手ではないでしょうか?

アメックスのリワードポイントは、ANAマイル以外にも以下のとおり様々な航空会社のマイルにも交換することができます。

f:id:issy-style:20160511232053p:plain

ソラチカルートとは無縁のアメックスリワード、筆者はANAに固執する必要はないと思います。

私だったらキャセイがブリティッシュに突っ込みます

仮に私がリワードポイントを20万ポイントを入手したら、(笑)迷わずキャセイかブリティッシュに突っ込みますね。

国際線ならキャセイパシフィック・アジアマイル

アジア・マイル - ホーム

ワンワールドに所属する香港の航空会社、キャセイパシフィック。そのマイレージシステムであるアジアマイルは、ワンワールド特典にそのまま使うことができます。

ワンワールド特典というのは、航空会社にとらわれず、ワンワールド所属の航空会社であればつなげることができるものです。

例えば、

  1. 成田→香港(JAL
  2. 香港→ドバイ(キャセイ
  3. ドバイ→ロンドン(ブリティッシュ)
  4. ロンドン→パリ(ブリティッシュ)
  5. パリ→ニューヨーク(アメリカン)
  6. ニューヨーク→成田(JAL

という行程を組むことができます。これ、飛行距離が19500マイルなので、必要なマイル数はビジネスクラスで13万5千マイルになります。「こんな日程で休めるのか」という話はさておき、夢がありますよねー。ビジネスクラスで世界一周。本気でアメックス祭りに参加すれば達成できてしまうかもしれません。

アジアマイルの詳細は、マイルで得得さんがお詳しいです。
キャセイパシフィック航空のマイレージ「アジアマイル」の徹底ガイド

国内派であればブリティッシュエアウェイズ・aviosポイント

www.britishairways.com

国内線の運賃が負担で、マイルを使って移動したい!なんて人には、JALと同じアライアンスに所属するブリティッシュエアを推奨します。アメックスのリワードポイントから、ブリティッシュのマイルにあたるAviosポイントに変換することができます。

このavios最大のメリットは、片道650マイルまでの飛行距離の路線であれば、JAL運航路線の特典航空券を、片道4500、往復9000ポイントで発券できることです。片道650マイルを超えるのは、東京からだと奄美(名瀬)より先です。北は超えるところありません。

仮にANAのマイルだと、近距離を除いてレギュラーシーズンで15000マイルかかります。

沖縄往復に必要なaviosも15000ポイントと少な目の設定になっています。こちらはANAのマイルだと、レギュラーシーズンで18000マイル必要になります。

このように、国内線の利用を考えている人にとっては、ブリティッシュエアのaviosに交換するのが得ということになるのです。仮に20万ポイントあれば、東京から新千歳10往復、沖縄7往復が可能ですね。

まとめ

今回のアメックゴールド案件、乗れる人は乗ってみるとよいと思います。ただ、ソラチカルートが関係ないことから、ANAに固執する必要はないので、自分の使いやすいマイルにかえることを考えてみるとよいのではないでしょうか?

*1:ANAが価格設定間違えしまったのか、特定の便に限ってビジネス往復で7万とか狂った価格で発売された。金曜日夕方に発見されネット上で拡散されたのだが、週明けには潰されました

*2:年会費無料は加入から12ヶ月、ANAへの移行マイルの基準は暦年なので、今年8万マイル、来年8万マイルで合計16万マイルまで可能