旅とマイルとコーヒーと

2016年はANAマイルを14万をノーコストで貯めました。JAL JGCを保有しており、2017年はANA SFC修行を行います。 マイルの効率的な貯め方や、国内・海外問わず旅行情報・航空会社上級会員に関する発信をしていきます。

ANAマイルを貯めたレポート(FX案件①はじめる前の基礎知識)

f:id:issy-style:20160402230724j:plain

 

さて、ポイントサイトの大型案件としては、クレジットカードと並ぶ大型案件がFX口座の開設となります。FX案件はクレカ案件に比べ、情報量が少ない、心理的負担が大きいことから、ちょいふみだすのに躊躇しているひとも多いと思います。あとマイラーブログで、あまり触れられていないのもあるかも。

なお筆者は1月からマイルを貯め始めた新参者ですが、すでにFX案件を4つこなしました。これから5つ目をこなすつもりです。

FX、それは破産への道。なんて言われることもありますが、正しい知識、正しい案件選び、儲けようとしない賢者の心の3点さえあれば、ほぼノーリスク(正確には数十円~数百円の損失)で確実に5000円分以上のポイント(4500マイル以上)稼いでいくことができます。

ここでは2回に分けて、正しいFX案件のこなし方を書きたいと思います。第一回は事前知識編です。第二回は実践編です。

 

 

FXを始めるための事前知識と必要なもの

極論をいってしまえば、FXとは円高になるか円安になるか当てるゲームです(笑)

はい、為替トレードです。いろんな為替取引できますが、経済合理性はドル円がよいので、ここから先はドル円(レート:1ドル100~125円)の前提で書いていきます。

必要なものは5万円身分証マイナンバー通知(カードじゃなくてもよい)のみです。あと平常心。マイナンバー通知カードは奥深くに眠っている人もいると思います。引っ張り出しましょう。

どうしても見つからない場合は再発行してもらうか、住民票の写しを発行し、その際に「個人番号を記載する」にチェックを入れれば大丈夫です。

 

あとポイント稼ぎのために事前知識として2つだけ用語を押さえておきましょう。

lot(ロット)…単位のこと。米ドルであれば、1lotは10000通貨(1万ドル)であることが多い。

スプレッド…同じ時点でも、ドル円の値段は売りと買いで違います。その差がスプレッド。手数料みたいなものですね。海外いくとき、外貨両替で売りと買いのレートが違うのと同じようなもん。ドル円であれば最小0.27銭で、業者によって違います。

 

FXが危険なわけ

なぜFXが危険かというと、自分が持っているお金以上のお金を動かすからです。例えば今回用意する5万円で買える現物のドルはせいぜい400~500ドルですよね。ですが、FXでは、5万円しか持ってないくせに、その5万円を証拠金(保証金)としてその25倍である125万円を操ることができます。125万あれば、1万ドル(=1lot)買えますよね。

そのかわり、例えば買い(円安になればプラス)のポジションを持っていて、5円も円高になってしまったとしたら、操っているのはあくまで1万ドルだから、もう5万円の損失ですよね。しかし我々がもっている証拠金は5万円だから、その後レートが戻ろうと、その場でゲームオーバーです。現物なら塩漬けしちゃえば損確定ではありませんが、証拠金以上の損失は出せないので。

※実際はもっと手前でロスカット(強制損切り)されます。

 そこまでいかなくても、1ドル動けば1万円の損失になるわけですなら。5万円のうちの1万円って結構でかいですよね。

即時決済によってリスクは最低限

ここまで読んで、少し怯えた人はFX案件向きです。すごい怯えた人、逆に信用取引の経験がないのにびびならなかった人は向かないかもしれません。

さて、我々は、広告料としてのポイントを頂くためにFXをやるのです。稼ぐためにやっているのではありません。ということは、リスクを最小限にしつつ、取引回数をこなす必要があります。

その方法とは、売りでも買いでもどちらでもよいので、発注して即時決済すればよいのです。そうすればスプレッド分に、その数秒の為替変動分が合わさった額の損失(場合によっては利益)で収まります。

さきほどドル円のスプレッドは0.27銭が最小と書きました。0.3銭とすると、即時決済すれば30円の損(0.3銭×10,000ドル)ということになります。ここに、0.1銭がレートが動くごとに10円の損得が発生します。 スプレッドが0.6銭なら60円の損から始まります。

実際にチャートをみながら操作をすると、売りにするか買いにするか悩みますが、はっきり言って、初心者が長期トレンドはともかく、超短期に円高にふれるか円安にふれるかなんてわかりません。売りでも買いでもどちらでもいいのです。

多少調子にのって、プラスになるまで待つのもいいかもしれません。スプレッド0.3銭の場合、自分がもったポジションのほうに1銭動くだけで70円のプラスです。

ただしその場合、逆に損するリスクもありますのでご注意を。自分でマイルール(いくらのプラスかいくらのマイナスになったら決済すれする)を作りましょう。特にポイント付与の条件が複数lotの場合は、このあと繰り返すことを忘れないように。繰り返す際に、負けを取り返そうと思わないように(笑)筆者のように返り討ちを食らいますよ…。


いつやるのがよいのか。

まず、勤勉なサラリーマンの皆様、土日はFXできません。そりゃ相場があいてませんから。なので平日にこなすんですが、これは、相場が波穏やかなときにやるに限ります。

各種統計が発表されたり、重要な会議がある際はトレーダー増えますので当然値動きが粗くなります。取引する前は取引ツール内にあるスケジュールや、なければ「今週の経済指標」などでググるとよいでしょう。

土日休みのサラリーマンですと、取引はヨーロッパ時間~アメリカ時間に行うことになるかと思います。主要統計の発表は、FXのサイトにも出ているので気をつけましょう。

日本時間に取引できる人ですが、日本における主要統計の発表時間は主に午前8時30分(CPI.GDPなど)〜8時50分(鉱工業、日銀短観など)です。この時間には気をつけましょう。また、日銀の政策決定会合などはおおむね12時に終了しますので、意外と昼休みは値動きが粗いときがあります。この時間も気をつけましょう。

中国は10時、ヨーロッパは16時半、アメリカは21時半〜0時などが多いですね。

あとは、日頃から経済ニュースをみて、アメリカの利上げが…とか、黒田バズーカだ…とかそういう日を避けてやれば大丈夫でしょう。

どの案件をこなすべきか。

条件としてみていくのが二つあります。

一つ目は、ノルマの取引単位が少ないものに限ります。ここまで書いてきたとおり、即時決済は「最低限の損失」の処理をします。多くても片道30Lot(30回取引をします)くらいにしておくのがベスト。たまに300Lot取引が条件のものがあるので要注意。

二つ目は、理由は同じですが、スプレッドが小さいもの(米ドル0.6以下が理想)にした方がいいです。上に書いた通り、即時決済の場合はスプレッドが損失額を決めますので。

以下の3つは、1万円相当ポイント(9000マイル)以上かつ取引条件がゆるいので、狩り場です。よくこんな広告費出せるよな、と思ってます。それだけ鴨が多いということなんだろうし、業界1位の肩書き欲しさなのかもしれないけど。

  • DMM証券(5万円一括入金、1lot取引で9000マイル)
  • 外為ジャパン(5万円一括入金、1lot取引で9000マイル)
  • SBI FX(1万円一括入金、1通貨取引で18900マイル)

※括弧書きは4/2現在の「Getmoney」でのポイント。今はゲットマネーがポイント高め。

なお、公式のキャンペーンなどもありますが、こちらは基本的にハードルが高いのでやめた方がいいと思います。300lotとかの条件になるので。

いくら取引してみて怖くなかったとはいえ、300Lotもやったら運悪く暴落のタイミングにあってしまうでしょう。また、これだけの数をやろうとすると、「儲けたい」「プラスで終わりたい」気持ちも強くなり、深追いしてしまいます。

 

最後に…絶対に深追いしないように

はっきり言ってギャンブル好きな人にとっては楽しいものです。筆者も数百円単位ですが稼いでハマりかけました。

ただし、ハマったら簡単にポイント以上の損失だします。くれぐれも、発注して約定せずに寝るとかやめましょう。

次回は実践編やります。


マイレージ ブログランキングへ


にほんブログ村